INSTITUTE PHYSICAL ART JAPAN

 FMUQ

FMUQ

Functional Mobilization™ Upper Quadrant

 

☆1:FM ll を受講するためにはFM I を履修している必要があります

☆2:FMLQ、FMUQを受講するためにはFM I 、PNF lを履修している必要があります

☆3:IPAとは異なる組織であるCrunkeyser Physical Therapyによるコースを履修

☆4:Gait or VFM の1つを履修 case study or literature reviewの1つを提出

FM I                    : Functional Mobilization I

CFS/BET             : Core First Strategy /Back Education and Training

PNF I                   : Proprioceptive Neuromuscular Facilitation I (Note:  The Kaiser Vallejo program will not prepare you to pass the PNFI exams.)

FMT Foundations : This course is offered by Crunkeyser, LLC.  Register at crunkpt.com.

FM II                    : Functional Mobilization II

FMLQ                  : Functional Mobilization Lower Quadrant

FMUQ                  : Functional Mobilization Upper Quadrant

 本コースは,Functional Mobilizationシリーズの上級コースであり,胸骨,胸郭,胸椎,肩甲帯,頸椎,肩関節,肘関節,手関節,手などの上半身の各関節に焦点をあてた,メカニカル・神経筋・運動制御における機能障害に対する系統的評価・治療体系です。治療戦略は,非荷重位から荷重位へと進め,患者の他動的・自動的な運動とPNFの原則を適用したfunctional mobilizationと神経筋再教育を行います.

 本コースの特徴の例として,口蓋内を治療することにより頸椎や肩甲帯のアライメントを改善し,上肢のcoreとして重要な短頸部筋群の機能改善を行うことにより,上肢機能の向上を図ります.また, 拘縮に対して即時的な効果をもたらす方法として非常に有効な,関節包に対するベルトを用いたストレッチング等も紹介します.

 

 

2018 IPA Japan All Rights Reserved.

IPA : http://www.instituteofphysicalart.com