INSTITUTE PHYSICAL ART JAPAN

 VFM

VFM

Visceral Functional Mobilization™

 Visceral Functional Mobilization(VFM)は、食道から直腸に至る胆嚢、肝臓、括約筋などを含む消化器官の触診技術をトレーニングすることを目的としたプログラムです。横隔膜、膀胱の他、男性特有の機能障害を特徴とした前立腺へのアプローチや、婦人科領域における機能障害として子宮や卵巣に対するアプローチも紹介されます。臓器の可動性の制限が骨格系の可動性に影響を及ぼすことや、その臓器自体の機能障害をきたすということが研究によって明らかになっています。本コースは参加者が腹腔内臓器のメカニカルな機能障害を特定し、臓器本来の機能と可動性を改善するための治療ストラテジーを展開するといったトレーニングができるようにデザインされています。

 

目的:・問診、ファンクショナルテスト、機能的運動パターン、PNF、触診などを用いて得られた主観的、客観的情報

    を関連付ける

   ・臓器の可動性の変化と脊柱や四肢の機能の変化との関係性を探り、特定された制限を改善するための適切な

    Functional Manual therapyストラテジーを選択する

   ・self-mobilizationを含むホームエクササイズの指導を行い、臓器の治療に対する臨床での結果と研究によるエ

    ビデンスについて議論する

 

☆1:FM ll を受講するためにはFM I を履修している必要があります

☆2:FMLQ、FMUQを受講するためにはFM I 、PNF lを履修している必要があります

☆3:IPAとは異なる組織であるCrunkeyser Physical Therapyによるコースを履修

☆4:Gait or VFM の1つを履修 case study or literature reviewの1つを提出

FM I                    : Functional Mobilization I

CFS/BET             : Core First Strategy /Back Education and Training

PNF I                   : Proprioceptive Neuromuscular Facilitation I (Note:  The Kaiser Vallejo program will not prepare you to pass the PNFI exams.)

FMT Foundations : This course is offered by Crunkeyser, LLC.  Register at crunkpt.com.

FM II                    : Functional Mobilization II

FMLQ                  : Functional Mobilization Lower Quadrant

FMUQ                  : Functional Mobilization Upper Quadrant

2018 IPA Japan All Rights Reserved.

IPA : http://www.instituteofphysicalart.com